MINOX

育毛・発毛メソセラピー


 

頭皮に注射して発毛促進「ミノキシジル注射」

ミノキシジルは毛包に作用して、新しい毛の発毛を促進し、抜けにくいしっかりとした毛髪を育てます。壮年性脱毛症の症状に、男性にも女性にも推奨されている治療薬です。ミノキシジル注射は適応の範囲に薬を直接注入するので浸透しやすく、その作用が得られます。 


毛根は個人差ありますが表皮から1㎜~1.5㎜下にあり塗薬ではなかなか有効成分が到達しません。しかし内服は全身にいきわたってしまうため、副作用も少なからずあります。注射剤は症状のでている部分にピンポイントで投与することができます。
発毛、育毛にミノキシジル注射は内服、塗薬では得られない効果を発揮します。
当院ではイタリアMESOMEDICA社のミノキシジル注射剤、MINOXを使用しています。

 

発毛育毛を促進するミノキシジル


一般的に、遺伝性の薄毛または抜け毛のことを壮年性脱毛症といいます。壮年性脱毛症はゆっくりと進行し、やがて目立つようになります。毛髪は、ヘアサイクルの中で発毛→成長→脱毛を繰り返しています。通常、頭髪は2~7年程度かけて太くしっかりと成長しますが、壮年性脱毛症はその成長期が短くなってしまうため、細く短い毛になってしまいます。
ミノキシジルは毛包に作用して、細胞の増殖やたんぱく質の合成を促します。この働きによって、新しい毛の発毛を促進し、抜けにくいしっかりとした毛髪を育てます。壮年性脱毛症に、男性にも女性にも推奨されている治療薬です。


ミノキシジル注射のメリット


もともとミノキシジルは高血圧症のための血圧降下剤として開発されましたが、治療中の患者に髪が伸びたケースが多く報告されたことから、壮年性脱毛症における発毛剤として改めて開発されました。厚生労働省の認可もおり、日本でも様々な育毛剤、発毛剤の主成分として活用されています。
同じミノキシジルでも内服薬の場合、全身の毛根に分散されてしまうので作用が軽減してしまいます。また、頭皮に塗るローションタイプの薬では、塗布するだけでは流れてしまうのであまり効率的ではありません。
これに対し、ミノキシジル注射は適応の範囲に薬を直接注入するので浸透しやすく、効率よく作用を得られる治療法です。ミノキシジルは大変細い針を用いて頭皮の気になる部分全体にまんべんなく注射します。ヘアサイクルの関係から、3~6ヶ月程度で変化を感じられる方が多いようです。 


MINOX(ミノキシジル注射剤)
1回 10,000円
(推奨頻度2週間に1回)

3回セット 24,000円(1回8,000円)